登記情報について知ること

###Site Name###

不動産登記の手続きは、その土地の所有権が変わったことを明記するために必要になります。

不動産登記には権利部として所有権が誰にあるか、また表題部には場所や大きさ等を届けることになり登記簿に記載をすることになります。

この不動産登記で表題部には土地の所在や地番等の内容が登記され、建物の所在や家屋番号等が明記されることになります。

また権利部の登記には所有権や抵当権、地上権等を登記することができます。

一般的には不動産登記は権利部の登記のことを指していることになります。

この不動産登記は法律の上では誰でもできることになりますが司法書士に依頼をすることが一般的です。

現在では登記に関してはインターネットから登記申請をすることが可能になってきています。

こうしたオンライン登記申請をするためには、パソコンに設定をする必要があります。

一般の方には難しい申請方法になるので、司法書士等の専門家に依頼をすることでスムーズに登記申請をすることができます。対象の不動産に対して自分が所有者であることを他人に対して主張する場合には登記が必要になります。

不動産を有する権利で代表となるものが所有権になります。
この所有権の他には抵当権等の権利があります。
こうした権利関係については登記をしておくことが必要になります。また現在では、インターネット上にて不動産や法人登記情報をみることができる有料のサービスがあります。


この登記情報に関してはファイル提供をしており、提供される登記情報には法的な証明力はないことが特徴になります。

このサービスでは閲覧をすることと同等であり公印等は不可されることはなく証明力はないことになります。

このサービスでみることができる登記情報は、不動産登記情報の所有者事項等をみることができリアルタイムに表示したり、保存をすることができます。
尚このサービスで対象になるのが、コンピュータ化をされている登記情報になります。


http://www.sihosyosi.or.jp/problem/company/
http://www.moj.go.jp/MINJI/minji92.html
http://www.chusho.meti.go.jp/zaimu/kaisya/kaisyahou33/kaisyahou.htm

さらに身近になった西新宿の貸会議室の情報を要約した情報サイトです。



お勧めの新橋周辺のオフィス情報を参考にしましょう。